para para

学会誌への投稿

執筆規定

※下記規定に記載している事項を熟読の上、ご執筆をお願いします。

1.言語は和文または英文とする.

2.論文は,表題頁,著者頁,英文要旨,和文要旨,本文,文献,図説明文および図・表の順で構成されるものとする.「著者頁」以外には著者を特定できる情報は入れないこと.

  1. 1頁目は表題頁とし,投稿区分,表題,ランニングタイトル,Keywordsのみを記載するものとする.ランニングタイトルは表題を要約した内容とし,30字以内で記載するものとする.英文論文の場合は10単語以内とする.
  2. 2頁目は著者頁とし,筆頭著者および共著者の氏名,所属/住所,連絡先住所,E-mailアドレス等を記載するものとする.
  3. 3頁目は英文要旨頁とし,原著・短報・症例報告・総説については,250語以内で論文の要旨を記載するものとする.
  4. 4頁目は和文要旨頁とし,原著・短報については,400字以内で論文の要旨を記載するものとする.英文論文の場合もこの和文要旨は省略できない.
  5. 本文は1)~4)の必要頁とは別に頁を改め,頁数を1頁より始めるものとする.本文は原著・短報では「はじめに」「対象と方法」「結果」「考察」,症例報告では「はじめに」「症例」「考察」のスタイルで構成するものとする.本文末の「まとめ」「結語」などは要旨と重複するので必要を認めない.
  6. 図・表は1頁に1点ずつ記載するものとする.図・表には原則として説明文を付けるものとする.

3.論文はA4判の用紙に横書きで記載し,本文は30字×20行をもって1枚とする.文字の大きさを10~12ポイント程度に設定し,行間を4mm以上,上下左右の余白は25mm以上空けて印字するものとする.

4.原稿枚数(A4判:600字)は下記の通りとする.

  1. 原著:15 枚以内
  2. 短報:8 枚以内
  3. 症例報告:8 枚以内
  4. 総説:15 枚以内
  5. 会員の声:2 枚以内

5.数量はMKS(CGS)単位とし,mm,cm,m,ml,l,g,kg,などを用いることとする.

6.略語を用いる場合は初出時にフルスペル,もしくは和訳も併記する.

7.文献は著者のアルファベット順または本文での引用順に記載し,通し番号をふるものとする.本文中および要旨文中の引用箇所には上付き数字で文献番号を記載するものとする.引用文献の著者氏名が3名以上の場合は最初の2名を書き,他は・他,またはet alと記載すること.文献の省略名は原則としてIndex Medicusに従い,和文誌の引用については略名は使用しない.

<表記例>

  1. 坂野裕洋,大川裕行:車いすマラソンランナーの競技前後の主観的疲労度.車椅子スポーツの研究2003;12:43-45.
  2. Carleen Lindsey, Rhinda A. Brownbill, et al.: Association of Physical Perfomance Measures With Bone Mineral Density in Postmenopausal Women.Arch Phys Med Rehabil 2005;86(6):1102-1107.
  3. 関口千春,重松隆:宇宙医学・生理学,宇宙開発事業団(編).株式会社社会保険出版社,東京,1998;pp80-92.
投稿承諾書投稿承諾書